HOME > About us > 私たちの家づくり

- わたしたちが目指すもの -

― これからの住まいを考える -

ハウスコンシェルジュ東京 高橋和彦が国は先進国の仲間入りをし、「衣」・「食」に関しては欧米先進国並みに世界の先端を行っていると言えます。私達は世界の流行をタイムリーに享受できるようになりました。
しかし、とりわけ「住」は、その居住環境や豊かさに関して、欧米と比較して残念ながら後進国と言っても過言ではありません。一般的に、高額な住宅ローンを借り入れ、そのローンの支払いが終わる頃には住宅の全面改修や建替えが必要になります。何と言っても、住宅の寿命が他国に比べて短命であること、または数十年で住宅の資産価値を失うことに根本原因があります。その結果、取り壊された建物は再利用されることなく多くの産業廃棄物生み出し、環境破壊にもつながっている現状です。

済効率優先に建てられる日本の住宅は、車や家電製品等の規格商品化された、言わば耐久消費財と同様に扱われています。家は熟練した職人の技術や設計者のこころを込めた創造性に富んだものではなく、工場で生産される規格商品が主流となってしまったのです。生産者は流行を創り、流行に乗ったデザインは一時は脚光を浴びようとも、時流から離れた途端に「古臭い」印象に変わっていきます。また、本物そっくりのイミテーションの素材は所詮は偽もの。どんなに精巧に作られても本物を超えることはできません。新築の時がベストであっても、時と共に劣化し最後はみすぼらしい姿を現し、愛着を失った住まいは手を掛けられることなく解体されていくのです。
経済的または物質的豊かさを追い求めてきた現在、ある程度満たされた実感があります。しかし、「本当の豊かさ」を真摯に考える時、住まいの果たす役割は大きいと考えています。「住」は、私達が、家族の有り方、地域社会との関わりなど人生をより充実させ、心豊かな生活をする上で最も根幹を成すものだと思います。

― ハウスコンシェルジュ東京が提案する暮らし方 ―

達が造る住宅のスタイルは、単に独創的なものではなく、欧米の建築史の中で特に一般庶民が暮らしてきた伝統的な住宅のスタイルをベースに、日本の建築条件にあわせて造る家を言います。中でも英国の住まいとその暮らしに感銘を受け多くを学ばせて頂きました。数百年の単位で長く住みつがれる住まいはごく一般的ですが、その年月のみならず心豊かな暮らしを育くんでいきます。人生にもそれぞれの歴史があるように家にも固有の歴史を築いていきます。時には色々な人の手に渡り住み継がれ、リノベーションを繰り返しその表情を変えていくことになるからです。

く住み継がれるためには、その耐久性や機能性はもちろんですが、たとえ存続したとしても飽きさせない魅力を備えているかどうかは重要な要素です。その魅力を備えていれば手を加えたくなるものです。定期的なメンテナンスをしていくことで家を何時までもきれいに、住みやすさを保つ秘訣になっていくのです。だから、私達は、最初に住宅に住まい手の暮らしを合わせるのではなく、住まい手の暮らしに合わせた住まいを造ることが理想だと考えています。オーダーメイドの住まいには規格住宅にはないフィット感があり造る喜びがあります。更に、伝統的な洋館スタイルを基本にしていますので、単なる流行に流されることなく時が経ても古臭い印象を与えません。そして、その発想で造られる住まいは、人に個性があるように、住まいにも個性が光ります。世の中に二つとないオリジナリティの高い住まいになることは必然です。例え高価のものではなくとも、きっと自分だけの宝物を手にしたような満足感を味わえることでしょう。
 私達の住まいが、歴史を重ねても古さのみに留まるのではなく、深い趣や愛着に変わっていくことで「本当の心豊かな暮らし」をご提案したいと考えています。欧米流に言えば、“家を育てていく”楽しみに包まれた住まいを、これからも皆様と一緒に創っていきたいと考えています。

― ハウスコンシェルジュ東京の家づくり -

づくりはお客様とじっくり話し合うところから始まります。家族構成やご予算はもちろんのこと、どのような暮らしを望んでいるかをイメージし、コンセプトメイキングしていきます。家族が大切にしてきたものや将来の生活設計を実現すために、耐久性や居住性はもちろんのこと、世代の変化に対応した生活空間のフレキシビリティーも需要な要素です。それらを私達が標榜する伝統的な洋館スタイルをベースに個性を加えていきます。例えば真っ白いキャンバスに思い描いたイメージをラフスケッチにしてしていくような作業から始まります。基本コンセプトが決まったら、それを基に間取り、内・外観デザイン、仕様などを一つひとつ決めていき図面化していきます。内・外観デザインは手描きのパースとしてお客様にご提示します。手作り感のある住まいの始まりです。真心で描くパースはCADにはない温かい味わいがあるとお客様に大変好評です。概ね決定された段階で見積金額を集計し、お施主様のご予算に合わせた予算立てを行います。
仕様を決める作業は、料理に例えるとレシピ(献立)をつくることです。そのレシピに合わせて最高に美味しい料理に仕立られえるよう使う素材を厳選します。素材の持ち味を生かした全体の調和が美味しさの決め手になります。私達の家づくりも同じです。コンセプトに合わせたデザインと仕様が、素材の持ち味を生かし調和のとれた完成度の高い住まいとなるのです。

材となる建築資材、器具、装飾品等の調達は、豊富な幅広い仕入れルートを活用し“良いものをより安く”仕入れすることができます。それは東京に拠点を置いてきた経験から、豊富な情報量を持ち、海外までの幅広いネットワークを有しているからです。必要なものを、必要な時に、必要な分だけ輸入調達することにより“ベストプライス”でお客様のもとへお届けすることができます。建築スタイルに基づいた完成度を高めるためには、その表現力となる本物の素材を幅広いネットワークから厳選することになります。

築作業は、地元の職人のチームワークで行っています。地元であるが故に「責任」を実感しています。お客様と建築中に留まらず、むしろ完成後も末永いお付き合いができることを大切にしています。家は「商品」としてではなく「造るもの」との理念で、職人さん等の各専門家が協力し合い、一つのチームとして建築プロジェクトを完成に導いていきます。そして、地元の絆で造る住まいはその名を後世に伝えていくことでしょう。




株式会社ハウスコンシェルジュ東京 代表 高橋和彦



ハウスコンシェルジュの家づくりは、システムを十分にご理解いただくことから始まります。
お客様にふさわしい家づくりの進め方のご相談や、ハウスコンシェルジュの建築事例をご覧頂きながら
家づくりのご説明をさせていただきます。 (完全無料・要予約)